【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

鴨沢小中学校

鴨沢小中学校は1983年に閉校。校舎跡から600メートル程離れた場所に、こちらの坂本集落プール跡が残っている。

晩秋。近隣に民家はあるが、人の気配は皆無。

半世紀近く放置されたプール。四コースある。

コンクリートの飛び込み台。



かつての子供たちと同じ目線。勢いよくジャンプ!!



ドボ~ン!!

数日前の雨水が残る。梅雨の時期など、水を湛えることはあるのだろうか。

時折、姿を見せる太陽。

大事なことを忘れていた。



プールに入る前には、腰洗い槽。昔は、プールに水を循環ろ過する装置が付いておらず、事前の腰洗い槽は必須だった。昭和の子供たちは、塩素臭のする水に腰を静めキャーキャー言いながらカウントダウンしたのである。

そしてこちらは取っ手のみ残る洗眼器。蛇口を思い切りひねって噴水のようにして、先生に叱られたのもいい思い出。

健康への認識も変わり、腰洗い槽も洗眼器も現在は姿を消したそうだ。かつての常識が変わるのは世の常である。

あの建物は、管理室&更衣室&便所。

当時を語る道具。

水撒きマシーンもご健在だ。

「昭和55年度 一般購入備品」の赤文字。鴨沢中学校…校舎の方に行ってみよう。



校舎は大きな道を挟み、急な坂を登った先にある。結構遠く15分くらい要する感じだった。



実は校舎は数年前に解体され、敷地になっていた。

学校裏の急斜面には山村集落独特の土地利用をした民家が連なる。

広い敷地の真ん中に記念碑。ここに学び舎があった証だ。暑い暑い夏の日、ここから坂を下って子供たちはあのプールに駆けて行った。それは、ほんの半世紀前のことである。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる