【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

かもめ荘

1970年に開業したホテル。絶景を楽しめ、新鮮な海産物が食べられるホテルとして繁盛した。ブームが去り、70年代の後半には休業状態に。コンクリート二階建て、地下一階の施設であった。地元では有名な心霊スポットで、特に地下室に行くと呪われるらしい。

霊能力者の宜保愛子氏が訪れたが徐霊できずに退散し、一ヶ月後に亡くなった、北朝鮮の工作員が潜伏していた等の噂がある。

骸骨さん「ようこそ」

かなり荒廃している。潮風の吹く山中にあり、風化が激しいのだろう。

この骸骨さんが、色んな所から見つめてくるの。

建物の裏側。スカイレストニュー室戸を彷彿させる佇まい。

二階へ。

無味乾燥な客室が並ぶ。全国に名の知れた肝試しスポット、ある意味来客は絶えなかったのだろう。

突き出たベランダ。

足元にはBB弾が散らばっていた。サバゲーの跡だ。

この先が浴室。

最盛期には観光バスが何台もやって来たという。週末は布団店から布団を借り、宿泊客は宴会場で雑魚寝してもらうほどの賑わいだったという。

どこまでも広がる日本海。遠くポツンと船が見える。

屋上へ。

寒々しい空。地下室の存在をすっかり忘れていたのだが、お陰で呪われずに済んだとしよう…。この数年後、かもめ荘の解体を最近ニュースで知ることになる。廃墟とはいえ、寂しいものである。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる