【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

日本国防協会栃木県総本部

別名「政治結社の廃洋館」。土地・建物の所有者が異なり、空け渡しを巡って裁判となったが、1980年代にそのまま廃墟化したらしい。

洋館風の建物や古い自動販売機などが残っている。

赤川ダムの近く。家族連れの観光客などが、談笑しながら歩く遊歩道のそば。

あまりに異様。その場の雰囲気に溶け込めない、不自然な建物だった。

ここでハプニング、懐中電灯が壊れた。明かり無しでゆく。





執務室。

トルソーが暗闇に佇む。

この廃洋館の代名詞とも言える部屋。

その奥の部屋。本棚は倒れ、床も抜けている。

さらに奥には応接室。

「おん同胞新聞」なるものが垂れ下がる。ここは政治結社。

お洒落なドア。会議室へ入ろう。

良い雰囲気だ。

カーテンがお化けのよう。なんだか落ち着く。

奥の大広間にやってきた。

ビリヤード台。奥に見える階段から、二階へ行けそうだ。

階段は途中まで崩壊。足場に椅子が人為的に添えられている。

暗闇に目が慣れてくると色々見えてきた…。

ここで何となく危険信号が点滅。明かりもないし、引き返そう。

左奥、何か天井からぶら下がっているぞ。

サンドバックがフックで吊り下げられている…。

明かりなしの探索が無事に終わった。壁の新聞は1972年、沖縄返還や日中国交回復など、冷戦の影響が色濃い時代であった。ここは、当時の社会情勢を肌で感じる場所。廃墟巡りはタイムスリップに近いものがある。

※ちなみに、ここは「公益財団法人日本国防協会」とは無関係とのことです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる