【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

五岳荘

1961年に開業した二階建ての国民宿舎。1970年代に那須休暇村ができたことで閉業したと聞く。濃い藪をジャブジャブかき分けて到達だ。

錆び錆びの冷蔵庫。

雪印もモーモー柄。

これまた錆び錆びの重い鉄の防火扉を開き、探索開始だ。





右側の部屋。カモシカだろうか、大きな死骸があってビックリしたぞい。

左側には、大きめの和室。元々は仕切りもあったようだ。

全体的に風化が激しい。そして、乾燥仕切っている。

The・枕地獄

一度、裏手から外に出てみた。

ユニークな形の大浴場が見える!楽しみだ。

二階へ。

重い防火扉はびくとも動かない場所もあり、その場合は迂回しての探索だった。

夏はどんな顔を見せてくれるのだろう。



それでは



地下の大浴場へ!!

おおお~!!

いい意味で、予想を裏切る光景!!!

定番の湯船目線。窓がアーチを描いている。緑で統一された色調が美しい。

エントランスへ戻り、反対側をゆく。

暖炉も備えていたようだ。

厨房の先が気になる…。

屋根が崩落。半世紀の重みだ。

この建物は公営でありながら凝った造り。

構造美を節々に感じる。

地下では、どこでもドアが壊れていた。

ここから屋上へ出られそうだ。

屋根の上からの眺め。360度変わり映えのない景色がどこまでも続く。高原特有の乾いた風が頬を撫でた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる