【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

櫛形レジャーセンター

「歓」の赤い文字がうっすら見える。まだ暑さが残る昼下がり、小高い丘にあるレジャーセンターにやってきた。

空は絵に描いたような快晴!!左手の建物のキャラクターをよく見ると…





鉄腕○トム&ミッキー○ウス!!!著作権等に関してもおおらかな?古き良き時代を物語っている。

窓に映るは…

廃車三兄弟。

きっと送迎用だったマイクロバス。一番後ろの席には緑が着席している。

櫛形レジャーセンター。ここは1977~1988年に開業。三階建てコンクリート建築で、展望風呂や宴会場を備えていた。

一階には扉がたくさん。

その扉で足場が組まれている。展望風呂へ行ってみよう。

なんと、入り口が埋まっていた。ここは少しずつ土砂が堆積しているのだ。

情緒ある浴場だ。展望と名打つだけあって、現役の頃は窓から絶景が見られたのだろうか。

二階へ。





宴会場だ☆

畳や天井、だいぶ朽ち果てている。

今回のような一面の廃世界は少し寂しい。グラフィティーを見ると、なんだか救われたような気持ちになる。

三階へ。





客室が並ぶ。

各々の部屋には「白根」「御岳」など山の名前が付けられていた。

眺めがいいなぁ~。

ドキッ!!手の込んだ落書き…。それよりも怖かったのは、奥に見える古~い蜂の巣三連弾の跡であった。夏の廃墟探索は常に蜂との戦いなのである。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる