【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

鱒池亭

車一台がやっと通れる山道を進んだ先にある宿泊施設。看板がかろうじて残っていた。1990年代には廃業。夏は大蛇や巨大な蜘蛛が現れるらしい。

鱒池亭名物、底板の無い橋。和賀川水力発電所を彷彿させる。

ザザザザー…川の音が心地よく響く。

近づくと案外広いことが分かった。

客層は登山客が多く、食卓に川魚を提供していた。川は濁っておらず、今でも魚がいそうだ。

おじゃまします。丸窓がお出迎え。

二階へ続く階段は崩壊。

直進するとすぐにお風呂。構造が不思議だ。

さらに進むと厨房。冷蔵庫が横たわっている。

素敵な場所だと思うが、川が増水するような有事の際が心配になる。

石階段を登り二階へ。

この宿にバリアフリーの概念はない。

広間だ。四季折々のロケーションが楽しめそう。

あっ、入り口で見た崩壊階段。



そして、三階へ続く石階段を登り



振り返ると…

鱒池亭で一番有名な構図☆

外を見ると屋根にぽっかりと穴。三階には再び浴場があり、進むと…

再びお風呂。お風呂三昧だ。

家族風呂かな。薄青い浴槽が哀愁を誘う。

随所にオーナーの拘りを感じる宿。当時はコアなファンを集めたに違いない。耳を澄ますと川のせせらぎ。静かな時間が渓谷を包み込んでいた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる