【お知らせ】廃墟のカフェRUINSで展示パネルリレー 詳細はこちら!

のうが高原ホテル(当時のお写真募集中)

1971年に建設され1986年に倒産した大型ホテル。2007年に一度改修工事が始まったが、再利用されることはなく解体工事が進んでいる。

名前の通り高原にあり、見晴らしは抜群。

ちなみに、この先は絶壁だ。

目を移すと、ホテルがまだ残っていた。

世紀末的なエレベーター。

雪も相まって寒々しい。

螺旋階段。ここもいずれ無くなる。

建物は五階建て。内部は伽藍としていたが、当時の賑わいを十分に感じさせるものだった。

ここの醍醐味は大浴場にある。目指すはあの場所だ。

小規模な浴場を通り抜ける。

昭和あるあるで、こちらは女性用だったのだろうか。

一生ものの衝撃がこの後に待っていた。

大浴場へ。

ルートは完全に遮断されていたが、何とか到達。大変な労を要し、ここに降り立っている。

ここを訪れた廃墟探検家の写真は時々見かけるが、この解体途中の写真は珍しいかも知れない。しかも冬だ。

圧巻の光景だった。

時折、粉雪が舞う。白い絨毯に影がスッと伸びている。なんて神秘的なのだろう。

深いぞ!!ってかなんというデカさだ。足元も滑るし注意注意…。

外は晴天。

気温は低いが、太陽はご機嫌だった。

五右衛門風呂を設置していた跡が見える。ここからの眺望はさぞや眼福だったろう。

メインのお風呂場だ。

まるで銭湯のペンキ絵で描かれたような風景。この時の感動は計り知れない。

誰が書いたかグラフィティー。

振り返れば、圧倒的な存在感を放つ巨大な大岩が鎮座している。

どこから運んで来たのだろう。そしてこれから何処へゆくのだろう。

冬の青空はほんとうにキレイだった。

現役の頃にタイムスリップして、このお風呂に入ってみたい。

ゆっくりと当時に思いを馳せる。

帰り際、雪が舞い始めた。大浴場の時だけすっきりと晴れてくれた感じだ。今日の探索は生涯忘れない。

※こちらの当時のお写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ご一報下さいm(_ _)m

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる