【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

クイーン・シャトー

通称トランプ城。1980年にオープン。敷地面積600坪&5階建ての超大型風俗店で、8億円をかけた豪華な造りだったが、1987年に廃業した。日本の廃墟ブームにおいて、全国規模で名を轟かせた物件の一つである。

別の角度から。とにかく外観のインパクトが凄い。夏は見事なまでに緑苔に覆われる。

入り口。いらっしゃいませー。

ずっと気になっていたトランプ城。ついに、カードは切られた。

正面には森林の中で戯れる女神のレリーフ。中央には噴水。右側でイスが滑り込みセーフみたいになってる。

1・2階は吹き抜け。天井には8000万円の黄金のシャンデリアが輝いていたという。バブリーだ。

こちらも噴水の跡だろうか。

アーチ状の窓がおしゃれ。二階へ行こう。

各部屋を巡ってみよう。

椅子の置き方が美術館みたい。

天井がガラス張り。

デザインが似ているが、それぞれ別の部屋なのだ。

換気扇がカメラ目線。

この換気扇は風で回っていた。廃墟で人工物が動くのは、とっても不思議な光景。

おっと、ベッドとイスが喧嘩をしている。イスがやや優勢だ。

2~5階は各フロアーに4部屋あり、全16室。どの部屋も広さが20畳程と広かった。

暗い階段を登り屋上へ。

機械室を抜け外の梯子を登って、ついに登頂。

帰り際。スーザン・メアリー・カテリーナ…床に落ちた源氏名の名刺が哀愁を誘う。トランプ城は改装が進んでいるという。全てはバブルの夢物語となったのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる