【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

信愛病院

1970年頃から存在する未完成物件。稲川淳二のDVD「恐怖の現場シリーズ」にもなった心霊スポットだ。

入り口に木材が置かれている。何だろう。

落書きも年季が入っている。

本来なら使われるはずの空間が、用途を果たさないままに朽ちてゆく。

コンクリート打ちっぱなしの無機質な壁は、どこか悲しげに見える。

でも。

廃の世界に緑は映える。

グラフィティーも華を添える。

大浴場。

牛がピンチ。

目を引くグラフィティーがあると、来て良かったなと思う。

ここで察しが付いた。入り口の木材はサバゲー用だ。廃墟からサバゲー会場への転身はよくあることだ。

パンッパンッ…サバゲーの音が聞こえて来そう。

地面にはエアーガンの弾が散乱している。

落書きが見えなくなるほどに、草木がもっさもっさ。

ここは町からずいぶんと離れた高台にある。病院というより、大きな老人ホーム予定だったのでは。

人間の都合により、翻弄される建物。

蝙蝠の飛び交う階段を降りる。本格的にサバゲー会場になるのかな。魑魅魍魎たちも、避難するかそれとも参加するか、決断を迫られている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる