【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

立里小学校

1954年に新築された校舎で、1982年に閉校した。木造平屋建て校舎と教員住宅らしい建物が残り、朽ちた状態ながら卒業生の絵やピアノが残されている。

ここは標高750m。秘境とも言える戸数10戸程度の集落である。人の気配は無くひっそり閑…と思いきや、一軒だけ犬を連れたご年配が住んでいるようだ。

立里小学校とうっすら読める…?



屋内は美しい木造建築。昭和の匂いがぷんぷんだ。

閉校の年の掲示がまだちゃんと残っている。あの時代は、何でも手書きだった。

近くには五条鉱山があり、鉱山街として一時は栄えたという。鉱山の歴史は深く、江戸時代にまで遡る。

昔の学校は近隣の方々の寄贈で、学習教材や運動用具を補っていた。

頭上に残るたくさんの絵。当時の様子が垣間見える。

「1・2・3年」の部屋。

立派なピアノが残されていた。

鍵盤を押すと鳴った。先生の伴奏に合わせて、みんなで合唱したのだろう。このように当時を想像するのも、探索の醍醐味なのだ。

「4・5・6年」の部屋には、ほっこりするものが待っていた。




卒業生だろうか。素敵な文面だ。可愛い絵も描かれている。

心がぽかぽか暖まってきた。

軽い足取りで、校舎を後にする。

バイバイ、ピアノさん。短い時間の訪問だったが、楽しい時間をありがとう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる