【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

矢ノ川小学校

1959年に現存する木造校舎が建てられた。1988年から休校となる。広い校庭に桜が敷き詰められいい雰囲気だ。

校舎はL字型。中庭は草ボーボー。

校長室。

明治から始まり創立100年。この石碑は中庭でさっき見かけた。隣はカラーテレビ寄贈とある。日本の歩み、歴史を肌で感じる。

黒板が当時のままに。

床が朽ちている。階段奥に何かある。

地球儀だ。なんちゅう不安定…。む!地球環境への警鐘かも知れないぞ。

休校した1988年の版画もそのまま残る。

このピアノ。鍵盤をポンと押したら、音がしばらく止まず…。こんなの初めてだ。

SAM「どうしてそこにいるの?」アグリッピーナ「私が聞きたいわ」

L字の長い方には

教室が続く

廃校の木造廊下は本当に美しい。

この鏡、校舎初年度に当たる昭和36年寄贈と記されていた。今までどんな毎日を映してきたの?

優しい木漏れ日。

子どもたちは巣立っていった。
この校舎に寂しさはない。なんだか温もりがある。

誰もいない教室で授業はつづく。

当時のままに、多くの面影を残しつづける矢ノ川小学校。窓から差し込む日の光は、廃校となった今も当時と変わることはない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる