【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

花坂小学校湯川分校

1989年に閉校。シャキーンってしてる石膏が微笑ましい。元気マンと名付けよう。

屋根の苔が印象的。

本日の気象の掲示。山中にあるので、天気には気を使ったのだろう。



それでは



お邪魔します

おっ、跳び箱で頑張ってる人がいる。元気マンの友達かな。

新聞は1987年。阪神タイガースの掛布の記事だった。

廊下には当時の掲示物が残る。

元気な元気な湯川の子。この分校は元気をモットーにしていたのかな♪

黒板消し「あの凧揚げ見てね」

力作だ。大空に舞い上がったのは遠い昔。

昭和38年寄贈のピアノ。

いっしょくたに集められている。



奥で



人が倒れていた

SAM「だ…大丈夫ですか!?」

人体模型「元気だ。安心してくれ」

校歌。巨大な地図は今や昭和の忘れ形見。

職員室の中には生徒の作文が大きく掲示。

レコードだ。

一番奥の部屋。

一階なのに椅子がズボッてなってる。理由は…

校舎の正面脇には下る階段があり、

真下は宿舎になっていたのだ。

山中にあるので、校舎は急勾配に建てられている。森の木々がしっかりと支えている。

廃校が好き。かつての賑わいは遠い昔で、静かに眠り続ける備品の数々。たま~に訪問者が来ると、当時の思い出を惜しみなく魅せてくれる。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる