【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

加茂小学校倉見分校

山深い集落にポツンと残る木造校舎。1977年に廃校。荒廃が進み自然に飲み込まれようとしている。

木は朽ちる。コンクリだけになったトイレ。

残留物は殆どない。

それで十分。気持ち的にどっぷり入っていける。




時間は最大の破壊者。

完全なる無への回帰は始まっている。

正面玄関だ。半世紀前は子供たちが元気に登校していた。横の小窓も可愛らしい。

が、やっぱりここに目がいってしまう。一本一本の柱が懸命に支えている。

山中にあり、ここの環境は相当に厳しいと思われる。今日は晴れていて良かった。

なんだか清々しい気持ちになってきた。やり切った感じだ。

最後に離れの体育館へ。

講堂も兼ねていたのだろう。本校舎より建物は新しめ。

倉見部落運動会。昭和59.10.10は体育の日。地域を挙げての一大イベントだったに違いない。山深い集落の歴史は確かにここにあったのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる