【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

栗山集落

栗山集落は、主要道路を挟んで上側と下側に分かれている。まずはアクセスが比較的容易な下栗山へ。数軒の家屋や作業小屋が残る。

人が居なくなって長い年月を感じる。下栗山の離村は1970~1980年代にかけて進んだという。

急斜面を下る。ここに住んでいたら足腰が鍛えられそうだ。

大きな家屋だ。玄関の土台の端は少し宙に浮いている。傾斜地になんとか土地を確保した感じだ。

中は雑然としていた。額入りの賞状を部屋の上部に飾る風景が、昭和の廃村の定番となってきた。

さらに下る。

赤いランドセルだ。

麦わら帽子。きっと、一つ一つに物語がいっぱい詰まっている。

下栗山は林業を主としていた。全国的に林業は1970年代から急激な衰退してゆくが、ここも例外ではなかった。

崩れかけた祠。この集落を最後まで見守っていたことだろう。

上栗山集落へ。

こちらは農業を主としていた。下栗原と離村時期が異なるのも、その産業形態の違いが起因している。2000年頃に最後の住民が山を下りたという。

上栗山も急斜面に数軒ある。

中は暗い。やはり額入りの賞状が飾られている。

外には薪。煮炊きや風呂に使ったのだろう。

長らくお疲れ様でした。これらもまた一つ一つに思い出が詰まっているのだ。

自転車だ。当時は走り回れる道があったということ。にわかには信じがたいが。

家財道具が割とそのままなのが不思議だ。

お洒落なレコードプレーヤーも残る。

急な斜面を登り、次の家屋へ。

廃村はホント体力勝負だ。

なんちゅう不安定…。

中ではお人形さんと椅子が向かい合う。

眺めは絶景…ではある。

少し小雨が降ってきた。

たぶん一番高い場所。

足踏みミシンがこちらを伺っている。

屋内のテーブルには三冊の本が丁寧に置かれていた。人為的ではあると思うが、何だか神妙な気持ちにさせられる。

ここの人々は山と共に暮らした。

不自由な事も多かったとおもうが、楽しいことも沢山あっただろう。

誰でも住み慣れた土地を離れるのは寂しいものだ。時流とは言え、割り切れない思いもあったに違いない。残された建物や家財道具たちは、今も沈黙を保っている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる