【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

山掴集落

山掴(やまつかみ)集落。その名の通り「山を掴んだ」ような日当たりの悪い急斜面に家々が建っている。

1986年時点では13戸の住居が見られたが、ダム建設などの影響もあり、いつしか無住となったという。

山掴集落の斜面は相当であった。見上げた先に家屋が見えるだろうか。多少の迂回はするが、あれが本日のゴールである。

一つ目の家屋が見えてきた。やはり、斜面に建てられている。

倒壊の恐れもあるので、あまり中には入らない。

斜面を迂回して逆側から。お釜は廃村において大好きなアイテムだ。自身はお釜で炊いたご飯を食べた経験がない。一度食べてみたいものだ。

ここには人々の生活があった。

確かな証拠が散見される。

秩父の他の集落は農業が営まれていたのに対し、山掴集落は林業を生業としていたという。

それが他の集落とどこか雰囲気が違う所以である。一面の杉に囲まれており、平坦な場所が殆どない。

さぁ、次の家屋だ。

これも不安定そうだ。

ごめんくださ~い!

勿論返事はない。

屋根がペシャンコ。倒壊は進む。

登る。キツい…。

先の家屋を上から見る。隕石が落ちたかのような穴の空き方だ。

斜面には全壊した家屋が他にも点在。

さらに登る。まさに山を掴みながら登る。

やっとこさ登った…。

あ…何かある。

1970年代に製造されたカラーテレビだった。

隣の部屋には…押し入れに誰かいるぞ!!

!!!

山掴集落は岳集落とともに、2003年発売のホラーゲーム「SIREN」に出てくる「羽生蛇村」のモデルになった集落とされている。

この後、さらに恐怖のギアは上がる。

今日は体力勝負だ。廃村巡りは廃墟の中でもハードな方だと思う。

番犬がいたんだね。熊も頻繁に出る場所だ。

最初に見上げた家屋にやっと辿り着いた。深入りは禁物。ここで踵を返す。

先程、とあるものを

見つけたのだ!!

この生き物のような木がポイント。

進んで、振り返ったところ。見えるだろうか?

!!!

それはマネキンだった。

これは事前に知っていたので良かったが、タイミング次第では腰を抜かしたかも知れない。

じゃあね、マネキンさん。

帰り際に幾つかお墓を見つけ、そっと手を合わせる。廃村は写真映えは少なめ。仮に何もなくたって充分。何かを感じとれればそれでいいのだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる