【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

三原小学校東分校

百年以上の歴史があったが、統合により1980年に閉校。木造平屋建て校舎が今でも残り、かなり朽ちた状態となっている。

県道沿いにあるが、気付く人はいないだろう。校舎の周りには樹木が生い茂っている。

この辺りは林業・炭焼きを生業とする人々が多く、その子弟が通っていたという。当時の写真を見ると、なんとこの場所は校庭だったようだ。草木をかき分けて進むと…

趣のある木製の扉が姿をあらわした。気持ちが舞い上がってきたぞ!!

これまた素敵な椅子と机がお出迎え☆

閉校となって40年を超える。当時の物が残っているのは奇跡に近い。

こじんまりとした分校であるが、静謐さを兼ね備えた素晴らしい場所だった。

手前の小さな部屋。木々の隙間から朝日が射し込んできた。

活気があったであろう水呑場。いつの時代も子どもは元気いっぱい。

たくさんの廃校の廊下を見てきたが、ここは特に好き。

隣の大部屋。がら~んとしている。

なんにもなくても、かまわない。むしろ十分過ぎるくらい。

奥に何かあるぞ!

それはスピーカーを備えた、SHARP製の古いラジオだった。

今でも、こうして毎日朝を迎え続けている。悠久の時を思う。気の遠くなるような長い時間に圧倒されそうになる。

廊下を走る子どもたちが、なんとなく想像できたよ。

行ってみて初めて気付く感動。この校舎はまだ呼吸をしている。鼓動を感じるのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる