【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

奥上林小学校

昭和10年代の築と推測される古い小学校。

ここは廃校・木造校舎ファンの間では有名で、色々なサイトやブログで紹介されている。

四駆「何故だかわかるかい?」

右手に体育館が見える。戦後に新しい奥上林小学校がその奥の崖の下に作られ、体育館だけは継続して使用されることとなった。

その新校舎と体育館をつなぐ渡り廊下が有名なのだ。行ってみよう!

途中にタイムカプセル☆「奥小五人組卒業記念」と記されている。この先だ…

通称「余部鉄橋」と呼ばれるユニークな木造建築。この渡り廊下の長さは約30mだ。

右に曲がりま~す。

頭上には標語。この後も様々な文言に出会うこととなる。

歩くと若干揺れるような…。

標語が話しかけてくる。

上ばかりも見ていられない。床板の隙間から下が少し見えるような気もする。

うほっ。

奥の扉は閉まっている。ちなみに、蜂の巣があったので夏は注意だ。

え~と…え~と…。

高さ 八メートル二十五

きっと子ども達の元気な声と、駆け上がる音が響き渡っていたのだ。

下へ降りてみよう。

崖ともいえる急な段差。子供たちを風雨にさらさず安全に誘導する手段として、結論がこの建築なのだ。

見上げると、確かに鉄橋のように見える。

新校舎も2005年から閉校となっている。

余部鉄橋は自然に溶け込んでいる。惚れ惚れする佇まいだ。頭上の雲と同じように、ゆっくりとゆっくりと悠久の時間が流れ続けている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる