【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

坂下宇宙線観測所

1977年(昭和52年)、太陽系の大規模磁場構造を観測するための施設として、中央本線旧線の廃随道の中に作られた。2003年(平成15年)頃に閉鎖され廃墟化したらしい。

トンネルに入ってすぐ廃車を発見。

マツダのトラックだ。

「ムデンアンテナ」とある。

さらに進む。

何が出てくるかわからない。気を引き締めて入ろう。

プレイステーションでホッとしたのも束の間。

至るところに蝙蝠が列を成している。

この小部屋を抜けると…

比較的広いスペース。

研究室だろうか、様々な備品が残っている。

なんか凄いぞ。実は大学の研究室なのだ。

下の方へゆく。

足元の鉄板が抜けそうだ。屈みながら慎重に進む。

扉を抜けるとそこは…

再びトンネル内の随道だ。足元のうねり跡は何だろう。

謎のコンテナを通り過ぎ、進むと予想外の光景が待っていた。

藁だ。渦高く積まれており、行く手を阻んでいる。引き返そう。

さっきの広いスペース。上の方へ行く。

これまた床の鉄板が脆弱で危ない。頭上にはダンジョンのアイドルが列を成しており、かなりキツかった。

なんか見えてきたぞー!

謎の箱。片方にはスリッパが鎮座している。この時、蝙蝠達が頭上をバッサバッサ飛び始めた。

撤退~‼

夜中の探索は刺激的だ。五感に訴えるものがまるで違う。ちなみに、宇宙線の観測は別の場所で続けられているそうだ。世の中には知らないことがまだまだいっぱいだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる