【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

白樺湖グランドホテル

別名SGホテル。バブル期に建てられたもので、様々な施設を兼ね備えた大規模ホテルだった。2000年頃まで開業していたらしい。

一歩入ると一面の廃世界。

シャンデリアから解き放たれた蝶。ほんの一瞬だけ、自由に宙を舞った。

時間は止まったまま。

否。ここだけの時間が流れている。

活気のある声は消えてしまった。静かに眠るダルマ。

浴場には、まさかの先客がいた。

チラッ!?








こ…こりゃ、失礼しましたぁ~(汗)彼女は見た目に寄らず、かなりの重量。訪問する度に場所が変わるという…。

風呂上がりには

渋い

大人の時間

ディスコ&スナック ~BLUE STAR~

ここで多くの語りが紡がれたに違いない。

華やかなネオンも遠い昔。

このタンバリンは反則だ。これほど哀愁を感じさせるものは無い。

物置部屋だろうか。使われなくなった椅子達が、暇をもて余している。

きちんと並べられた椅子。当時の営みを感じさせるものだ。

廃墟マニアは、こういう部屋が大好物。これから待ち受ける世界に胸が高鳴る。

二階のダイニングルームへ。

ここの椅子は美脚揃いだ。

寒冷地にあり、廃の進みは緩やか。ゆっくりと朽ちてゆくのだろう。

でろーん、でろーん…。大広間は一反木綿の舞い踊り。

カラオケチケットの伍曲券を発見。福沢諭吉さんもベロベロだ。

客室でも舞い続ける。

と思ったら。突然、ガチ部屋だったりもする。

この手の仕業は金属泥棒の類いか。手慣れてる感がある。

足元が凍ってツルツル。日が当たらない場所は、十分に寒い。

ここは階層によって気候が異なるのだ。

日当たりも良くなってきた。

右手に何か見えるぞ!

半面テニスコートだ!!

驚いたのも束の間。

当ホテルの真打ちは次にある!!!

屋上に室内温泉プール!!温水ならぬ、温泉という拘り☆

背泳ぎしてる時の視界。きっとこれは当時と変わらない。

高杯のような灰皿が見える。

燦々と降り注ぐ陽光。きっと君が現在の当ホテル支配人。

澄み切った空と、白い雲。冠雪した青い屋根は、どこまでも幻想的。ここが廃の世界であることを忘れさせる。

よかったらシェアしてね!

スプラトゥーン3 -Switch

新品価格
¥5,491から
(2022/10/2 01:12時点)

ホットアイマスク 蒸気 USB 電熱式

新品価格
¥2,390から
(2022/10/2 01:10時点)

ボードゲーム 宝石の煌き 日本語版

新品価格
¥4,400から
(2022/10/2 01:12時点)

廃墟の歩き方 探索編

新品価格
¥1,485から
(2022/10/2 01:14時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる