【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

田浦廃村

市街地からこの踏切を越えると、二十数軒の家屋が多くの残留物を残したまま放棄されている。30年以上前の昭和が息づいている。

夏の終わりを告げる虫たちの声。川のせせらぎ。

人の気配は一つもしない、静寂の世界。

危ない‼井戸だ。落ちたらタダでは済まない。

えっ。

30年前は確かに人々が生活していた。家屋が密集しているので、近所付き合いも深かっただろう。

これ動物がやったなら、いいパンチ持ってるぞ。

もうスイッチの入らないテレビ。

もう弾かれることのないピアノ。

もう戻って来ない主を、いまだに待ち続けているのだろうか。

各家には解体工事のために、数年前から番号が振られている。たが、工事は一向に行われず…。

一歩入ると

そこは昭和の風景がそのままに

ただいまー。小さく呟いてみる。横に昆虫の飼育ケース。子どもがいたようだ。

お腹すいたー。先に、お風呂入ってらっしゃい。

洗濯機が二層式だ。ちょっと覗くけろっぴが、妙に生活感を感じさせる。

子供部屋。ファミコンが全盛期。こぐまのトンピーも元気よく太鼓を叩いていたに違いない。

小学校の運動会でスリラーを踊ったり。

ミニ四駆を組み立てたり。

昭和生まれの人には本当に懐かしい。誰もが通った通過点がここにはある。

実は急遽ここにやって来た。ご覧の通り解体工事がついに始まったのだ。

屋内のものを袋詰めして、あとは重機でペシャンコ。実に効率よく。

一旦、全て更地になるそうだ。

世間の潮流が廃墟をこの世から消してゆく。忘れないでね。振り返ると赤いテレビが自分を真っ直ぐに見据えていた。そんな廃墟の声にこれからも耳を傾ける。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる