【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

峰集落(NEW)

1972年に最後の住民が下山し無人となった奥多摩の廃集落。民俗学の柳田国男氏が滞在したことでも知られる。山の神の分岐までやって来た。峰集落までもう少しだ。

途中、切り株に酒瓶が身を寄せ合うように立っている。峰集落に向かう登山者が必ず目にするポイント。

目印の神社が、見えてきた!!

手前は貯水槽。時期によっては蛙がメッチャいるらしいが今はいない。かなりの水深だった。

右から日天神社と読む。小さな造りで、今は物置小屋も兼ねているようだ。

実は峰集落の家屋は全て完全倒壊している。今回は当時の足跡を探す旅。

む!…電化製品と見せかけて、コテコテのコンクリート製。竈門だろうか。

何だろう。半世紀前の様子が想像つかない。それほど人々の生活は大きく変わったのだ。

おっ、色々あるぞ。

出たぁ~、足踏み式の脱穀機!!ここに来る前にある程度予習はしている。車輪に手を触れるとクルクル軽やかに回り、ちょいと感動☆

確かにここには人々の生活があったのだ。

煮炊き用の大きな鍋がひっくり返っている。当時は大活躍していたんだろうなぁ。

まるで宝探しのようだ…すごく楽しい。

一つ一つにストーリー性を感じる。意味のないものなんて、一つもない。

そして、この峰集落の

主にも会うことが出来た!!

このホラー映画に出てきそうな人形さんだ。峰集落に来た人はみんなご挨拶してる。

さらに奥へ。

瓶や陶器は土に還らない。半世紀以上経ってもこうやって残っているのは凄いことだ。

これも予習で知っていたバッグだが、何となくひっくり返してみると…

STOP 横断中!!この山中にて、これは活躍することはあったのだろうか。今日は色々想像しっぱなし。楽しいぞ。

この長い棒は物干し竿かな。

この石垣など、重機を使わず手作業で作ったんだろうな。子ども達も手伝っていたりして。

さよなら鍋。

さよなら靴。

さよなら何か。

帰り際。三本の年季の入った丸太が立てられていた。ここが正式な集落の入り口だったのだろうか。

ふと周囲を見遣れば深遠なる山々。厳しくも優しい自然に囲まれた生活がここにあった。

よかったらシェアしてね!

スプラトゥーン3 -Switch

新品価格
¥5,491から
(2022/10/2 01:12時点)

ホットアイマスク 蒸気 USB 電熱式

新品価格
¥2,390から
(2022/10/2 01:10時点)

ボードゲーム 宝石の煌き 日本語版

新品価格
¥4,400から
(2022/10/2 01:12時点)

廃墟の歩き方 探索編

新品価格
¥1,485から
(2022/10/2 01:14時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる