【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

大原小学校百井分校

1905年に設立。1991年に廃校となった。木造平屋建ての校舎がやや朽ちた状態で残っている。

色合いや佇まいに古風な趣を感じる。それは、京都のせいかな。

裏山にはお墓が沢山あった。陸軍○○とあり、戦争で亡くなった方々を弔ったものだろう。

ぞ~うさん♪ぞ~うさん♪

校舎はこじんまりとしていた。

残留物は少ない。

壁にかろうじて残る面影。

一枚だけ写真が飾られていた。みんな今は立派な大人だ。白いワンちゃん素直そうだ。

職員室。

一つ一つの備品から昭和の香りが漂う。

百井分校人形げきクラブ「うたうすいか」生徒数が少ない分校。全校をあげて力を入れていたのではないか。

予定表は分校休校式で役目を終えている。この後、扉の向こうに見える体育館に行ったのだが。

トンでもないものが

待ち受けていた‼



ぐわっ!!

シャキーン!!

バァァァァン!!!

最初は度肝を抜いたが、人形げきクラブで作ったのだろうと予想がついた。

校歌いいね♪恐竜もノリノリだ。

この小さな集落にかつての子供たちの活気はない。あるのは流れない時間だけだった。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる