【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

白岩集落

白岩集落の歴史は江戸時代から始まる。炭焼き業が盛んで、最盛期には20~30戸程の住居があった。その後衰退し、1995年には最後の居住者が逝去、無人の廃村集落となった。そして白岩集落には可愛いやつがいる。待ってろよ。

ラッピングバスに乗ってやって来た。ここは漫画・アニメ「ヤマノススメ」の聖地。社内アナウンスも、たまに声優さんの声が交じる。ファンには嬉しいだろう。

ここで誤算。バス停からこんなに歩くとは。

おうっ。

そして謎の靴擦れ。先行きが不安になってきた。

結構体力を消耗してスタート地点に到着。ここは、JFEミネラル武蔵野鉱業所という鉱山施設。2015年に閉鎖し、関連施設も解体済みだ。

脇の小道から登って登って。

熊鈴を鳴らしながら急斜面をゆく。

出た!白岩名物、危うい橋。


可愛いやつまでの距離がわからない。

たまにすれ違う登山客には、「急勾配があるよ、急いでも一時間以上かかるよ」と言われ、ますます不安に。

やがて、廃村らしき場所に着いた。子供用のラジコンカーが暇をもて余している。

裏手にはブランコ。押したらギギィーと動いた。

ぺちゃんこに倒壊した家屋。

近くには祠。

消火栓が点在している。山火事は何より恐ろしかったに違いない。奥にも廃屋がある。

高台には一際大きな家。黄色いベニヤ板に立ち入り禁止と書かれている。

ここですれ違った女性二人の登山客に、この先が相当長いことを言われ、ショックを受けた後に…

逆転のハッピーが待っていた。いたー!

可愛いやついたー‼

こいつに会うためにやって来た。「スモールバード」と呼ばれるペダルカーだ。もぐもぐ…ちょうどお食事中だったみたい。後ろの写真は誰だろう。

広い庭には子ども遊具がいくつか見られた。

昔は自転車が走れる道があったということか。

住んでいたのは男の子かな。あのペダルカーはお気に入りだったに違いない。

屋内は崩壊の一途。ざっと見て回ると歴史的なものが出てきた。





地券。明治新政府による地租改正の際に地主に配布された。明治14(1881)年1月23日 持主:神林仙次郎 とある。

お食事を終えたスモールバードが、写真を撮らせてくれた。

株式会社モーリが1962年から10年間ほど製造したものらしい。ご主人様はもう帰ってこないけど、ゆっくりと余生を送っている。これからも元気でね。

そしてお尻がかわいい。

廃村を訪れると、なんだか当時にタイムスリップした気持ちになる。当時の息遣いを全身で感じるのだ。帰り際に見つけた祠、埋まっているのか崩壊したのかどっちなんだ。

ここの環境は相当に厳しい。いつかこの集落自体も完全に無くなってしまうのだろうか。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる