【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

岳集落

岳(たけ)集落。2003年秋に発売されたプレイステーション2用ホラーゲーム「SILEN(サイレン)」に出てくる羽生蛇村のモデルとして、一躍有名になった。

ようやく見えてきた。

1955年の時点で10戸44名の人口があったという。だいぶ崩壊が進み、数戸のみが辛うじて原型を留める。

かつての営みは遠い昔。

残留物から察するに、昭和50年代には廃村となったと思われる。

何の気なしに拾ったこのハガキ。大正15年と記されていた。

廃村にいるとタイムスリップした気持ちになる。この自転車もいつのものやら…。

ぺしゃんこになった家屋。

お釜。ここにも家屋があったのだろう。



この集落では



近年、トンでもない事件が起きている

2018年8月28日、集落内の廃屋に放火し自殺しようとした二十代の男が、逮捕されたのだ。数棟が全焼するという大火事だった。

六地蔵。

ここにあった地蔵尊が盗まれる事件が、さらに前あり、大火事はそのたたりではないかと言われている。早く戻りますように。

裏手には明治時代のお墓が並んでいた。

ここには神社もある。

十二社神社。定期的に整備されている。この集落はまだ生きているんだ。

誰もいない集落には人を惹きつける何かがある。かつての人々の息づかいを肌で感じ、当時の市井に思いを馳せる。


2021年12月27日放送の
「橋本マナミのホテル・ニュー・オカルティック」というオカルト番組に写真を提供しています☆

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる