【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

藪塚石切場

山中にある石切場跡。歴史は古く明治中頃から採掘が始まり、昭和30年頃に閉山。

訪れた者は、高さ30mに切り立つ石壁に四方を囲まれ、巨大神殿のようなスケールに圧倒されるという。

荘厳さと静寂さを兼ね備えた場所。

栃木県の大谷石と似ているが、水に弱く小石を含み割れ易く、加えて人件費もかかることから、こちらは徐々に衰退していった。

見上げると横一列に穴。

この穴に木のころを数本差し込み、そこに板をかぶせ足場にして作業を行ったという。

特撮テレビ「仮面ライダー鎧武」にて、圧倒的な力を持つオーバーロードの王・ロシュオの舞台としても使われたそうだ。

決して広くはない場所だが、森に囲まれており無限のスケールを感じる。



藪塚石切場には



とっておきの場所がある。

まるでスーパーマリオの世界だ。

ぴょんぴょんジャンプしろとでも言うのか。

あの先に何がいるかはわかっている。ロシュオだ。

天井には石切職人が書いた赤いマーキング跡が、半世紀を経ても鮮明に残る。当時の作業の様子を見てみたい。

この光景は昔から変わらない。野太い蛙の声が響き渡る。

以前の訪問は秋だった。一面に落ち葉の絨毯が敷き詰められて。仮面ライダーもしばし休戦だ。

by 仮面ライダー鎧武

ロシュオつぇぇ~!!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる