【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

湯原観光劇場

1960年代にこの辺りの温泉街は大いに賑わい、ストリップ劇場も12軒ほどあったという。現在はこの湯原観光劇場のみ廃墟として形を残している。

このジャンルは茨城県の明野劇場以来であり、胸が高鳴る。

床にはマッチが散らばっている。

受付カウンターかな。奥の階段を登ると…

音響室だ。奥に劇場が見える、行こう!




お馴染みの円形の舞台。

奥には鷲の絵が描かれている。全体的にうっすらと埃が積もっているが、この寂れ具合がたまらないのだ。

裏には仮眠室や浴場。華やかな舞台の裏側を垣間見る。

実は今の舞台は小劇場、メインの大劇場はもっと先にあるのだ。

小部屋。テレビや椅子たちがそわそわしている。それではお待ちかね、大劇場へ。

広い、立派、ゴージャス!

暗いゆえに幽玄。舞台の奥には、おたふくの仮面が飾られている。

全盛期には全国に300軒近くあったストリップ劇場。熱心なファンは追っかけとして、全国を回ったという。

上に見える音響室に行ってみよう。

ごった返している。奥のスイッチには「花道右」「花道左」「ネオン」「ベット回転」などがあった。

壮観な眺め。訪問出来て本当に良かった。

当時の踊り子さんたちは、今はどこで何をしているのかな。

ここもまた時代に翻弄された場所。でも、たった半世紀前の物語である。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる