【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

湯原温泉ロープウェイ(山麓駅)

1975年に開業。温泉街の山麓駅から山頂駅までの1120mを片道7分で結んでいた。山頂駅にレジャーランドが建設される計画を見込んでいたが、これが頓挫。集客力を失い、僅か6年後の1981年に廃業した。

どよんとした天気で、入り口も静かだ。

事務室では、近未来的な電話がお出迎え。

2Fは乗車券売り場だ。

乗車券を購入し3階へ…踊り場がごちゃごちゃしてるぞ。

あわわわ…、天井から降ってきたんかい!
老朽化はかなり進んでいる。

乗降場に到着だ。 昨夜の雨でしっとりと濡れている。

物憂げなベンチ。沢山の人々がここに座ったのだ。

ゴンドラはもういない。水気を含んだ苔を踏みしめ、さらに扉の奥へと進むとサプライズが待っていた。



ロープウェイには



アイツがいる

地下空間。趣のある螺旋階段が見える。

ぐにゃりと曲がった鉄の柱はクエスチョンマークみたい。左側に何か見える…

ドーン!!!滑車だ☆ゴンドラが無いことを割り引いても、この出会いに大満足だ。

もう動かない錆び錆びの滑車。いや、もしかしたらまだ動けるのかな。

螺旋階段は下から見ても眼福だ。階段の錆び具合が長い時間を感じさせる。

さらに地下への空間もあった。

ちょっと外へ出てみる。何ともお洒落な外壁、この拘りが好き。

やっばり螺旋階段が目を引くなぁ。廃の色に淡い緑は絶妙に合う。

いい廃墟には、必ずこんな独特の場所がある。ほんのりと湿気を帯びた空間。どこまでも続くような螺旋階段をいつまでも眺めていた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる