【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

ホテル活魚

全国屈指の有名心霊スポット。昭和50年代に「油井グランドホテル(ラブホ)」としてオープン。平成7年に、建物はそのまま生け簀料理店に経営転換。地元の漁港から仕入れた魚を生け簀で泳がせ、新鮮なネタを個室で楽しめる珍妙な料理店となった。

斬新過ぎて経営は全く振るわず、平成10年に廃墟に。

心霊スポットたる所以は後述。

見えてきた。思ったよりこじんまりしている。

誰か見てる…!?

チラッ…

それは悪役の覆面レスラーみたいな奴だった。でも心根は優しい良い奴なんだぜ。

左右にあるのは生け簀だろう。当時は、たくさんの魚を揃えており、出前も行っていたという。

スッと廊下は続く。右手に見えるフロアが…

大広間だ。宴会予約は50名まで可能だったらしい。

よくワカラナイ落書きがあちこちに…。

地面が陥没している。

平成16年この場所で凄惨な殺人事件が起こった。全国ニュースにもなったので、知っている方も多いと思う。内容は伏せるが、被害者の怨念が未だに残っているという。二階へ行こう。

ここで3人組の高校生に会った。肝試しに来たようで相当ビクビクしていた。暗闇から自分が突然現れたら彼らは気絶しただろう。

明らかにラブホ。こんな場所で魚料理を運ばれても…「活魚」無理があるぞ。

放火だろうか。煤だらけの部屋。

ベッドだ。調べたら「活魚」廃業後、一度だけ再びモーテル経営があったとか…。

どーん、お行儀の悪いベッド。

ベッドだって、たまにはグレるさ。

そろそろ帰ろう。先ほどの学生が絶叫しまくってる。長居は危険だ。

パンフレットより。ありし日の「活魚」

呼吸を乱した学生達に「出ました?」と聞かれた。何の事が分からずに聞き返すと、どうやら幽霊らしい(笑)廃墟と心霊スポットはやはり表裏一体である。

提供元:廃墟Explorer

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる