【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

海軍鹿島航空基地跡

第二次世界大戦中に使われた基地で、発電機室やボイラー室などが残っている。広い敷地は夏になると、背丈ほどの草に覆われる。



そんな夏にやってきた。



もっさもっさ…。

発電機室。天井ループが印象的だ。

高圧受電盤は、黄昏ている。



さらに草をかき分け



ボイラー室に向かう

窓越しに有名な御仁が見える。





ど~ん!!威風堂々たる佇まい!!!ボイラーマンだ。予想より遥かに大きかった。

背丈は3mくらいあるぞ。

同じ部屋には円柱状の巨大高炉が二つ。赤茶色の煉瓦造りだ。

パコーン!目からビーム!!

この大きな釜は一体何に使ったのだろう。昭和十四年製造という刻印があった。

背中に乗る。なんだか、戦艦に乗った気分。

長閑な昼下がり。みんな黄昏ている。

さよならボイラーマン☆

ん?

ちょんまげ取れとる!

裏手に回ると、落っこちていた。ちょっとした文明開化でござる。

そばには大煙突。夏を過ぎると緑は消え、この辺りは寒々しい更地となり、全く別の顔を見せるという。

ここは人がいなくなってどれくらい経つのだろう。物騒な時代を駆け抜けて、静かな静かな時が流れている。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる