【お知らせ】写真集が12/5に発売されます  詳細はこちら!

奥多摩ロープウェイ(川野駅)

くもとり

1962年に事業開始。当初は登山客などで賑わったものの、数年後に奥多摩周遊道路や橋が完成し、ロープウェイ自体が意味をなさなくなった。末期には一日の利用者が一桁になり、1975年から休業状態だという。マニアの間では『関東の聖地』とも呼ばれている。

急な山道を駆け登ってきた。こちら川野駅。なかなかの佇まい。

ここはしっかり心の準備をしていかないと危ない。

度肝を抜かれるからだ。

この建物の中で、一つの小世界が形成されている。

降りてみよう。

やれやれ又、訪問客か…という顔。廃墟となってからの訪問者数は相当だろう。

ここでは、使われなくなった機械たちがゆっくりと余生を過ごしている。

アスレチック要素も大きい。

高所からしか見られない世界。

ドローンもいいけど、肉眼で見るのもいいもんだ。

さらに梯子を一気に駆け登り、木製の板が張られた橋を渡る。

視覚だけではなく、高揚感も相まって濃厚な体験が出来た。

では、あいつに会いに行こう!!

ゴンドラ「くもとり号」だ☆

国宝を見るような眼差しで見据える。君にメロメロだ。

奥は竹林、そよ風に気持ちよく揺れている。

案内の看板もまだまだご健在。静かに佇んでいる。

お疲れ様~な椅子たち。

頭上は手書きの看板かな。

大きな大きな滑車。今後の行く末は誰も知らない。彼らにもわからない。

ゴンドラの正面は竹が通せんぼをしている。もう物理的にも動けないのだ。

お客さんが来なくなって約半世紀。ここは静かに静かに朽ちてゆく。

ありがとう川野駅。廃墟というものはいつかは朽ちて崩壊していく。だが、この奥多摩ロープウェイは永遠に幻想の中でその形を保ってほしい。そう思えるほどに最高の廃墟美を魅せてくれた。

これから三頭山(みとうやま)駅に行ってみよう。何やら不穏な話を聞いている。相方のゴンドラ「みとう号」は無事なのか…。

川野駅から三頭山口駅に向かう。車で20分くらい。緑が進路、青がロープウェイだ。

引用元:Drone Japan

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる