【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

志高ロープウェイ(立石山駅)

娯楽施設である別府ラクテンチと志高ユートピアを繋ぐ、壮大なる志高ロープウェイ。志高ユートピアからリフト乗り場を抜け、森の中を突っ切り、林道を歩いてやって来た。10キロほど歩いただろうか。

奥にゴンドラ「乙原」が見える。この場所に立つのをずっと待ち望んでいた。

「しだかユートピア」と書かれた自販機が満身創痍。自分もヘトヘトだ。

これは地形のミニチュアだったのだろうか。まず、運転室に入ってみよう。

錆び具合が老翁の域。約20年でここまで朽ちるのも環境のせいか。

狸さんのフンかな?鹿や猪、この辺りには多くの動物が生息している。

乗り場に

行ってみよう

所々で崩壊。

ケーブルもゴンドラを支えきれなくなり、沈んでいる。

最大乗車人数 36名。

もう扉は使えない。乗降が難しい状態だ。

いつか重力で、地面に完全着陸する日も遠くないかも知れない。

しばし見つめ合う。ずっとずっと会いたかったのだ。

デザインが船原山駅の「志高」と類似している。双子のようなものだもんね(^-^)

ケーブルの先は緑に包まれる。再開はもう難しいだろう。

さらに下ってゆくと

機械室がある

…凄いぞ!!!

広いだけでなく…

まだ下も深く!

さらに上にも続く!!!

ドーン!!ここの主登場だ。

Tsubaki Japan の刻名。創業100年を越えた機械チェーンの老舗らしい。

「上まで行けるか」無言で誘う。

受けて立とう。

だいぶ高い。さっき見下ろした階段を見ると…

トンでもない落差だ。この建物の外観は別府市内からも見える。それほど高いのだ。

得られる景色も格別。夏はどんな姿を見せてくれるのだろう。

道は運転室に続く。

横に測りが見える。6mくらいだろうか。

まだまだ上まで行けそうだが、危な過ぎる。

ひゅるひゅるひゅるひゅる…。

食堂も兼ねた休憩室もあった。

レトロなカップドリンクの自販機だ。ここは山中にあり、滅多に人は来ないだろう。

自販機の横顔は哀愁を帯びている。過ぎ去った日々を懐かしんでいるようにも見える。

真夜中にフッと明かりが灯ったら…と想像してしまうのは、最近見た映画のせいかも知れない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる