【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

新梨子油力発電所

新梨子(しんなし)発電所は足尾銅山関連施設の一つ。重油を燃料とする発電所で、非常用電力供給設備として1915年に建設された。当時としては国内最大規模の出力を誇ったが、1954年に廃止された。

昔は空襲で被弾しないよう、壁に迷彩塗装が施されていた。今でもうっすら見える。

この窓の輝きは、遠目からも確認できていた。次第に高まる鼓動。 

わぁ…思わずため息。天井が高いぞ。

重厚な鎖がぶらーん。無機質な鉄骨が鳥居のように残る。

このレールはどんな役割を果たしたのだろう。

窓も最高に美しい。

この先は通洞動力所。後で行ってみよう。

地下室だ。

中は物置になっていた。

明るいと思ったら頭上に大きな穴。

雪の重みで空いたのだろうか。

無言のスイッチ。

ぼろぼろのカーテン。長い時間を感じさせる。

実はこの静かな廃墟に、年に一度、孫が来る。否、孫がいる。

小さな愛らしい山車だ。毎年春に町内会でお祭りがあり、大活躍するのだ。常に咲き誇る桜で着飾った姿は、この廃の世界に於いて紅一点。

ウキウキ…今から春を心待ちにしている。

廃墟じいさんと孫娘が同居する素敵空間。春はもうすぐだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる