【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

庶路炭鉱

昔作られた専用線と思われる長い林道を進んできた。途中から特殊な車でないと進めない悪路になり、徒歩での到達となった。

熊の出没する地域のためか「すべて自己責任」という看板が設置されていた。入念に準備・装備はしてきたが心細さは拭えない。

えっ?

何かがこちらを見ている。

いやいやいやいや…。

今日は何かが起こるぞこりゃー。

中は伽藍としていた。

床は何かが組み込まれていた跡だ。

一階建てこじんまり。やはりマネキンが気になる。

君はいつからここにいるの?熊さんとか見たことある?マネキンは沈黙している。

この手の施設のコンクリートは大抵が白。積年のグリーンと相まって、静謐な空間を作り上げている。

自身の足音のみが響く、静寂の世界。

木の扉だって素敵だ。がっちり固まって、びくとも動かなかった。

夏はどんな景色になるのだろう。季節は、もうすぐ雪が降る晩秋である。

記載が遅れたが、この庶務炭鉱は1939年に始まった。石炭から石油への国の方針転換もあり、1964年に閉山となったという。

こんな場所でも、少々の落書きがあることが驚き。マネキンがカメラにどうしても写り込む…。

残留物は無さそうだ。

一帯には様々なコンクリ遺構が残されていた。

この土台など何に使ったのだろう。物思いに耽りながらも、熊よけのホイッスルは定期的に吹いている。

さらに奥の建物へ。この丸太は重要だ。水溜まりが多いのだ。

湿地帯であり、ぬかるみに足を取られないよう注意しながら進む。

ここで

トンでもないものを

見つけてしまった

エゾシカの死骸である。頭部でまだ新しくハエも集っていた。奥に見える赤がそれである。苦手な方もいると思うので写真は一番最後のカーソルの下に載せるので、気になる方はどうぞ。

頭の中には漫画「ゴールデンカムイ」がよぎっていた。

熊というのは餌への執着が凄まじいのだ。横取りされると思われたら大変だ。この場から早急に離れるべく、急ぎ足になる。

また、定期的にホイッスルを鳴らす。熊を引き付ける要因となる食料も一切持たず、自身も食事は控えてきた。

これは何だろう。

年季の入った扉。

貯蔵庫か何かだろうか。ここを探索したサイトが殆どないため、解らないことだらけだ。

この左手の建物を見て帰ろう。

足元には穴。気を付けて…。

ここも何かがあったのだ。撤去の跡、少々の解体の跡も見て取れる。

さぁ、戻ろう。熊鈴リンリン…。

火気厳禁の赤いプレートが落ちていた。他にはホッパー、ズリ山、トンネルなどが残っているらしいけど、今回は帰ろう。森に溶け込んだ廃墟群はどこまでも静かだった。

エゾシカの死骸です

頭部だけで、他の部位は見当たらなかった。もし、大々的に残っていたら、秒で退却していた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる