【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

多賀SLパーク

1976年に多賀ハイウェイパークレストランの関連施設として設置されたD51形蒸気機関車。1980年代にレストランは廃業し、殆どの施設は解体されたが、機関車は朽ちた状態で残されている。

ドキドキ。

遠目からも素晴らしさが十分に伝わる佇まいだった。予想していたより、ずっと素敵。

間近で見るとさらに凄い迫力。

プレートには「D51 999」銀河鉄道999を真似たのだろうか。ブルーシートの中を見てみよう。

機関室だ。複雑な機械が残っている。

この椅子には今までどんな人が座ったのだろう。

もともとは客車が3両ついていたという。当時は全国的なSLホテル開業ブームだったのだ。

実は会った時から、惜しい惜しいと何度も呟いていた。

あと二週間くらいで桜が開花なのだ。機関車の頭上の木は桜。先人のブログでそれはそれは素敵な写真を見ていたので、悔しいぞ。

梅はほんのり咲き始めていた。

SL機関車「また会いに来いってことよ!」SAM「はーい」

周辺には打ち捨てられた遊具跡なども残っているという。

あった!

相当朽ち果てている。夏場は緑で見えないんじゃないか!?

手前のブランコ。ちゃんと動いたので、まだ使えそうだ(笑)

滑り台は…無理そうだ。

ここではネズミもネコもライオンも仲良し。

高台から再びSL。

満開の桜、いつか見に来るね!

それまで待っててくれよ!

多賀町が跡地活用を模索しているが、修理費がかかることから実現には難しいと聞く。いやいや、機関車は十分にお務めを果たしている。もうすぐ桜に包まれる。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる