【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

高島実験場

1909年に開設。旧農商務省の管轄で、タイの稚魚の飼育試験や魚の孵化、プランクトンなどの研究がなされていた。1930年に海軍館山基地の建設に伴い閉鎖。

パッと見、戦争遺構のように見えるが、そうではない。自衛隊の空軍基地のそばにひっそりと残されている。

猫が大量に住み着いているという情報があり、少しドキドキしていたが何処にも見当たらない。

海が近い。

ゴミも含めて、様々な漂流物が堆積している。

天気も合間って寒々しい様相だ。

この奥の遺構が見所なのだ。



太陽はご機嫌斜め。しかし、十分に見応えのある空間。

頭上の穴はどうして開けられたのだろう。天気が良ければきっと光のページェントが見られたに違いない。

小雨のせいか、新緑がみずみずしい。

右手の小部屋に入ってみよう。

ささやかなグラフィティー。

いつ取り壊されても不思議ではない。でもこうして残っているのは、何かしらの力が働いているのでは…そんな気もする。

もうだいぶ歳をとっている。もう少し世の中を眺めていこうかな。そんな声も聞こえて来そうだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる