【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

田代発電所

大正11(1922)年に開設された水力発電所。昭和39(1964)年に閉所された。山側からも川側からも接近が難しく、川の対岸からでは全く視認できない。

山側の急斜面を降りて、最後は滑りやすい水路を伝う。廃墟探索は時に過酷。ロープを使ったのも久しぶりだ。

実は二回目のアタック。一回目は見当違いの場所まで進んでしまい日が暮れてしまった。

思い入れに応えてくれるか、田代発電所。

ちゃんと応えてくれた。天気にも恵まれ、なんだか幸せな気持ちに包まれた。

良い廃墟には、良い窓。

僅かに残る、当時の面影。

ふふ…覆面レスラーみたいだね。

所々にある穴は相当に深い。うっとりしても、いられないのだ。

そして、覆面レスラーはイケメン。この廃墟、見所が尽きない。

こじんまりとしているが、ここには確実に廃墟の神様がいる。

外に出てみよう。

屋根の上に…

登った。四方が緑に覆われているため見張らしはよくない。うっすら見える川を、ジャブジャブを渡ってくる猛者もいる。夏はヒル達の牙城と化す。

探索者の苦労をよそに、お昼寝タイムに入ったようだ。川のせせらぎ、野鳥の声が心地良い。ズボンを這う小さな尺取り虫に別れを告げて帰りの途についた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる