【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

徳義炭鉱

長崎県松浦市福島町。この町には幾つかの炭鉱があった。北部の鯛の鼻炭鉱、南部の福島炭鉱、そして中部の徳義炭鉱だ。

徳義炭鉱は1941~61年まで稼働した。 石炭の積み出し用として、海に突き出した桟橋跡が印象的な遺構として残っている。

アクセスは少し難しい。この高く茂った藪を這っていかなくてはならない。

ガサガサ…。

この場に立った時、本当に嬉しかった。様々なアプローチを断念し、何とか辿り着いたのだ。

赤茶色の遺構が見える。

地面の黒いのは砂状の石炭だ。

晴れ続きなので、美脚を間近で見られそう。

前進。

前進。水深は深い、ここまでだ。

なんだか、滑走路みたい。

奥まで行きたかったが、無理は禁物だ。

途中欠損している。10年前は繋がっており、釣り人が先っちょで棹を垂れていたという。あのカーバ神殿のような場所にはもう行けないのだろうか。

視線を感じて振り返ると赤レンガ。君は徳義炭鉱の生き証人、色々と知っている顔だね。

赤レンガの中は空っぽ。折角なので赤レンガ目線でパシャリ☆

福島は秘境と呼ばれる島だ。棚田が有名で、四季折々の美しい田園風景が見られる。数ある炭鉱の遺構は、かつての人々の息遣いを今に伝える貴重な証言者なのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる