【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

東京第二陸軍造兵廠櫛挽製造所

1943年頃に建設。別名「櫛引の弾薬庫跡」とも呼ばれる旧軍事施設。畑の中に剥き出しの二階建てコンクリート遺構が残っている。

何も知らずに見た人は驚くだろう。牧歌的な風景の中に、突如と現れるコンクリ遺構。

周囲は畑。こんなに晴れているのに、ぬかるんでいる。雨が降ったら大変だ。

接近。

左側には二階へ通じる階段。白い◎みたいな印はなんだろう…。


と、いうか…

夏が来た!!!

梅雨明けの快晴。思わずそう叫びたくなる。

裏手から中に入ってみよう。

弾薬庫という情報も定かではない。戦後は農具置き場として使われたようだ。

小さな小部屋が一つ。天井の穴は二階に通じている。

電球の差し込み口だろうか。外側に鉄製の開閉窓。現役の頃が非常に気になる。



二階へ。

二階といえども、なかなか高所だ。

奥のスペースへ。

コンクリートで切り取られた田園風景。気持ちの良い風が頬を撫でる。

うわっ!シャッターを切る瞬間に、蝶が飛び込んできた。

夏の始まりを肌で感じた。今年も熱い夏がやってきたのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる