【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

大根島の廃船

島根県の大根(だいこん)島に、船の墓場と言われる場所がある。

生憎の小雨、なんだか寒々しい光景だ。

もともと五隻以上の船が沈められたと聞いていたが、もはや何隻残っているのか分からない。

沈められた…。

この島では防波堤を必要としていたが、その計画が中止されたため、とりあえず消波のため廃船が防波堤代わりに沈められたのだ。1950年代の話。

それが一時期、脚光を浴びた。2009年出版の「ワンダーJAPAN vol.11」で大根島の廃船が表紙を飾り、廃墟ファンの間で話題となったのだ。

当時と比べると、だいぶ朽ち果て海面から顔を出している部分も僅か。見つけた時は拍子抜けだったけど、行って良かったなと思う。廃墟も日々変わってゆくのだ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる