【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

比叡山空中ケーブル

1928年に京都電燈により建設された高祖谷駅。現役の比叡山ロープウェイから遠く離れた森の中に、ひっそりと佇んでいる。

到達直前の写真。かなり遠回りをしてしまい、嬉しいというより安堵の方が大きかった…。

アーチの道をくぐる。ありがとう、ありがとう。

両サイドには物置のような小部屋。

そして振り返る。自然と融合した近代建築は、うっとりするほど美しい。

側面はこのように一ヶ所だけ空洞がある。

見上げると四角い空。

残念ながら、用途は分からない。でも、当時は大切な役割を果たしていたのだ。

近くには切符売り場が残されている。

1963.9.22の筆跡。落書きだって歳を取るんだ。

完全に倒壊するのも時間の問題。

深い穴があるぞ。下まで行ってみよう。

ここはロープウェイ。重りを吊るしていたのだろうか。

天気に恵まれて良かった。手前には、当時の金属片が残る。

探索終了。凱旋門をくぐって帰還する。

この場所は1942年に、太平洋戦争の影響で廃止された。半世紀を越えて、さらにこれから、ゆっくりと朽ちてゆくのだろう。

帰り道、現役のロープウェイが頭上を通過した。思い切って手を振ってみると、向こうも手を振ってくれた。旅の恥はかき捨て、休日を謳歌している。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる