【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

久根鉱山

江戸時代初期から記録が残る古い鉱山で、全盛期(大正時代)には約2000人が従事していたという。1970年に閉山。

巨大なシックナー。今年も出番は無さそうだ。

そう遠くない場所に旧豊根発電所がある。そこから電力が供給されていた。

鉄の錆び具合が長い時を感じさせる。

坑道が二つあったが、どちらも行き止まり。

降りてみよう。

美しき天竜川。不思議な色をしている。魚とかいるのだろうか…。

いた!

透明度も抜群で、ここからも多くの魚が見えた。たまに跳び跳ねる。

山の中を

散策しよう

閉山して半世紀。コンクリは残るが、木は朽ちる。当時の様子を物語るものが少ない。

用途不明の遺構たちが、ちらほら。

昔、「それいけノンタック」という教育番組があり、少年が不思議なメガネをかけて魔法を唱えると、沈黙しているモノたちと会話が出来た。

そんなメガネないかなぁ。廃墟に行くと、時々思う。

焼却炉。

なんだかロボットのよう。豊根発電所で見かけた巨神兵の子分かな。

なんか見えるぞ!

誰もいなくなった場所で、今年も咲き誇る桜。忘れられた場所を象徴するかのようだった。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる