【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

松尾鉱山(至誠寮)

松尾鉱山関連遺構の一つ。家族寮だった緑ヶ丘アパートの近くにあり、こちらは独身寮だった。

元々は木造二階建ての宿舎だったが、1945年8月9日に米軍艦載機による空襲を受け全焼、戦後になり場所を変えて再建された物だという。

三階建ての建物が風化した状況で残る。

あ、誰かいるぞ!

現在の居候さんだ。

残る鉄骨の骨組み。北国の豪雪地帯にあり、環境の激しさを物語る。

「嫁に行くなら松尾鉱山」当時の岩手ではよく知られた言葉。

働きに応じて非常に高額な賃金が支払われ、裕福な生活が出来たそうだ。

資材置き場。木箱には昭和54年の文字。

共同浴場。

共同トイレ。

この廃墟、一つ気付いたことがある。

窓からの風景が秀逸。八幡平は風光明媚な観光地で、夏はゴルフ冬はスキー客で賑わう。山々には雪が残り、野生の鳥たちの歌声も聞こえる。

大きな沼地を挟んで、向こう側には日本屈指の廃墟である緑ヶ丘アパートがそびえ立つ。

最上階の三階だ。

居候さん、こんにちは!

鉱山は1960年代にピークを迎えるが、1967年に世の時流により閉山となる。寮の男たちは、どんな思いでここを後にしたのだろう。

それでは、メインの緑ヶ丘アパートへ。

続く

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる