【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

南大東村闘牛場(NEW)

1986年に竣工された闘牛場。

道沿いにポツンとあらわれる。

石造りの門には確かに「南大東島闘牛場」の文字。

入ってみよう。

もう長いこと使われておらず、草木が生い茂っている。

否。

実は数年前に、牛ならぬヤギの飼育場として一度利用されていたらしい。

一帯の草は刈られ、ヤギさん達がいたらしいが、やがて去っていき…。

そして、誰も居なくなった。

再び緑に包まれる闘牛場。

目を凝らすと、ぐるりと囲むように柵が残っている。

沖縄県のうるま市では、今でも定期的に闘牛が行われており見たことがある。凄い盛り上がりだった。一見の価値ありだ。

そこの闘牛場との比較だが、ここはあまりにも小さい。実際はどんな感じだったのだろう。

当時の資料は無い。もぅ想像するしかない。

南大東村では現在は闘牛は行われていないという。周囲は一面のサトウキビ畑に包まれていた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる