【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

中城高原ホテル

1970年代に観光客誘致のために計画された大規模ホテル。展望棟やプール、遊園地や動物園を備えた巨大施設の予定だった。

1975年頃に放置され、廃墟界における重鎮的な存在になったが、その歴史に幕を閉じる。

2019年6月より二億円かけて取り壊し作業が始まったのだ。これは全国ニュースにもなった。寂しいけど、廃墟とはそういうもの。

随所にグラフィティー。

奥までスーっと、長い通路がスーっと続く。

今日は長い一日になりそうだ。

地下があるようだ。

鬼がいた。

白壁がふっくらアーチを描く。凝った造りだ。

なんかいるぞ!





なんだ、これは…。

自由を奪われているようにも見える。

この絵たちが意味するものは何だろう。

まさに、謎解きゲームの世界。

地上に戻り廊下を進む。雨続きで、足場がぬかるむ。

この先、広いスペースに突き当たる。

何だか、異国の廃墟のようだ。

外は雨が降ったり、止んだり。

役目を終えた廃墟の中で、新しい生命が誕生していた。

自然は逞しい。でも、この営みは一旦リセットされる。ここは更地にされる。

植物は無言を貫いている。そして、辺りは静寂に包まれている。

中城高原ホテルは迷宮のように入り組んでいる。別館へ行ってみよう。

外の小道に架かる橋を越えてゆく。

廃墟探索では足元に常に注意だ。

屈んだスペース…見たな~!!

この階段は、これでもまだ機能している。

階段を降りるとグラフィティーに遭遇だ。サメが今にも迫ってきそう‼

若者の溜まり場にもなりやすかったと聞く。ここは地元では「チャイナタウン」と呼ばれている。

イイことも、ソウデナイことも、40年間蓄積されてきた。

今度は、上へ行こう。

見晴らしの良い高台に立つ。一番奥の展望台が、徐々に近づいて来た。

太陽を利用したグラフィティー。

「CCTV」は中国の国営テレビ局。閉ざされた報道を揶揄してるのかな…

自由を~!!

あぶない!狙われてるよ‼

探索時間は大台に乗りつつある。

この廃墟全体に流れる世界観にすっかり魅了されてしまった。

展望台の入り口には鳥居。場所が城(グスク)に近いので信仰的な面から建設反対の声もあったという。

展望台は無機質なコンクリート剥き出しであった。

ついに登頂!

遠くにゴルフのグリーンのような場所が見える。そこがホテルの入り口だ。そこからず~っと登ってきた。今日は映画を一本見終わったような気分だ。

途中見つけた、中城高原ホテルの辞世の句。

「時はうつろい 令和になりて 変わる沖縄 変わる … (なんとか) 」

もうこのホテルはこの世には無いが、記憶の中ではまだまだ鮮明に生き続けている。

よかったらシェアしてね!

スプラトゥーン3 -Switch

新品価格
¥5,491から
(2022/10/2 01:12時点)

ホットアイマスク 蒸気 USB 電熱式

新品価格
¥2,390から
(2022/10/2 01:10時点)

ボードゲーム 宝石の煌き 日本語版

新品価格
¥4,400から
(2022/10/2 01:12時点)

廃墟の歩き方 探索編

新品価格
¥1,485から
(2022/10/2 01:14時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる