【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

三井美唄炭鉱(NEW)

山の中に埋もれるように存在する変電所。1918年から1963年まで稼働していた三井美唄炭鉱の関連施設だ。

熊鈴をリンリン鳴らしながらやってきた。誰もいない心細さを吹き飛ばす光景に胸も高鳴ってきた。

他にも煙突、ホッパーや炭鉱住宅などの施設も残ると聞くが、今回のお目当てはこの変電所。

チラッ。

はやる気持ちを抑え、中へ。

これは凄い!!!

この扉一つとっても大好物だ。

程よく太陽の光が差し込む。今日は撮影日和。

さぁ、濃厚な時間の始まりだ。

天井部分は崩落し、壁だけが残っている。

緑が繁茂し、古代遺跡のような様相を呈している。

ここはずっと来たいと思っていた場所。

念願叶った。お待たせって感じだ。

こみ上げる思いが渦巻いている。

写真は現物を超える、とたまに思うが。

ここは写真より、現場の方がずっとずっといい。

二階があるようだ。

もっさもっさ。

一階の内部へ。

裏手から再び二階に行けそうだ。

一脚だけ佇む椅子。

季節によりここも様々な顔を見せるのだろう。

階段を降りる。

北の大地にはなかなか来られない。またここに立つことは出来るのだろうか。

基本的に一期一会の旅。今回のように心を揺さぶる廃墟との出会いが、また次への原動力となる。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる