【お知らせ】写真集が12/5に発売されます  詳細はこちら!

美唄バイオセンター

1970年代から存在が確認できる食品工場。広大な敷地は草木に覆われ、積雪により倒壊したと見られる巨大施設や給水塔(写真右端)、廃車などが残る。閉業時期不詳ながら、2009年頃には廃墟としての言及が見られる。

最上階があちこちで崩壊し、遠目にも廃墟としてのオーラをバシバシ放っている。だんだん近づいてきたぞ。

じわじわと高まる鼓動…。

まずは右手の背の低い建物から探索だ。

うはー

これらの倒壊は冬の積雪のせいだろう。

残留物は殆どない。

いずれはこのコンクリートも朽ちてゆくのだろうか。

北の大地はスケールがでかい。それは廃墟も同じだ。

一度抜けると…

噂で聞いていた廃車があった。遠くに給水塔が見える。

独特な形をした給水塔。美唄バイオセンターを象徴する存在だ。

ずぅぅぅ~ん。実は凄く気に入ってしまった。

それでは背の高い左手の建物へgo!!

まずは一階だ。ちょっとだけ、松尾鉱山の雰囲気と似ている。

強力な暖房器具。

多くの職員が従事していたのだろう。

一面の緑。廃墟として完熟である。

二階へ。

今日は晴天。突然あらわれる廃墟美。ハッとする。

濃厚な時間を過ごしている。

床が詭弱過ぎて中に入るのは敬遠。

蛍光灯だ。

風でうっすら揺れている。

足場は脆く、やはり踏み込めない。

この部屋。風で電気の紐が左右にぶら~んぶらんと揺れていた。振り子のように。

たまに蜂が飛び交うが、夏に来られて良かったなと思う。

最上階の三階へ。

やはり一度解体が入ったようだ。

部屋に何かあるぞ。

ロッカーだ。業者が置いたのか、好事家が置いたのか。なかなか絵になる構図だ。

お手洗い。

左手の部屋では、昭和の電気器具がぶらりぶらりと揺れていた。

はるばる来た甲斐があった。ここもまた、廃墟の待つ運命の日をじっと待っているのだろうか。

時代の潮流が、廃墟をこの世からじわりじわりと消してゆく。

健在なうちに訪問することが出来て良かった。ここもまた、大切な記憶と記録としてここに記す。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる