【お知らせ】変わる廃墟展2022福岡開催 決定!! 詳細はこちら!

旧ボイラー小屋(NEW)

1924年頃に作られたボイラー小屋。南大東島は断崖絶壁に囲まれており、小船や大きなフェリーに乗ってきた人をクレーンで引き揚げる必要があった。そのウインチの動力源があったという。島の西港に位置する。

今はその面影はない。パッと見何だか分からないコンクリート遺構。

実は国指定の文化財なのだ。

入ってみよう。

当初は天井があったという。そして内部には何も残っていない。

でも、島の一番西に位置しているという立地条件。夕暮れ時には、サンセットが非常にキレイに映る場所でもあるのだ。

この三つの窓が印象的。遠くでうっすら船が見えるぞ。

どこへ行くのかなー。

しばらく見つめる…。

小屋の隅に何か見つけた。

こりゃ、失礼しました。何も残ってない発言は取り消しだ。

きっと昔活躍していた動力源の仲間たちだ。もうすぐ御年100歳を迎えようとしている。

少し離れて撮ってみよう。

大東島は時間を忘れるほど、ゆっくりできるイイトコロ。二人で見た満天の星空は忘れないよ☆

この島は本格的に人が住み始めてからまだ100年くらい。凄いよねぇ。

遠くに壁画が見えるだろうか。島の子供たちの卒業記念だ。島には高校が無いため、彼らは親元を離れ沖縄本島へゆくという。悠久の時間の中で、ゆったりと雲が流れていた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる