【お知らせ】変わる廃墟展2023が開催されます!!  詳細はこちら!

日本特殊鋼鉄管大湊工場

1938年に建設された砂鉄から特殊鋼を生産する精錬所。日中戦争の金属需要に応える予定が、資材不足などで生産には難儀したという。1943年には海軍に供出し、武器庫、機関砲台、科学工場などに利用された。

煙突は遠くからでも目立ったが、敷地全体に激しく草木が繁茂しており、接近は困難を極めた。

半壊した巨大なコンクリート施設がやっと近づいてきた。





凄い‼予想の斜め上を行く光景に、汗が吹き飛んだ。

屋根のコンクリが、落っこちそうではないか。

オオハンゴウソウ(キク科)が咲き乱れる。夏の探索は過酷だが、得られるものも大きい。

登ってみよう。

タイヤが物憂げ。先人達が使ったのだろう。

さらに進めそうだ。





まるでゲームの世界のよう。さらに奥へ進む。

後述するが、ある生き物が多く生息している。さらに、上へ続く階段も見える。

世紀末な階段。

想定外のサプライズに胸が躍る。はるばる本州の先端まで来た甲斐があった。

内部には精製用のホッパーが多数並ぶ。ここは地元で「こうもり屋敷」と呼ばれている。生き物の正体は巨大なコウモリ、バッサバッサ飛び交っていた。 

脆弱な階段を登り、さらに上を目指す。

巨大な空間が待っていそうだ。

階段を登った先。こりゃ凄い!!

下を覗く。

超慎重に進む。

落ちたら、タダでは済まない。

うっすら落書き。先人の存在は時に安心を与えてくれる。

通路も所々で崩落。一旦、外に出られそうだ。

最初に見上げた風景を、今度は見下ろすことになろうとは…。

ここから、屋上へ這い登る。今日は本当に体力勝負だ。

森のど真ん中、見晴らし抜群。

点在する穴。地獄へ直結だ。

ここは、きっと解体されないだろう。

長い年月をかけて、自然に風化してゆく。

何度も見ちゃう。

最後にあの煙突を見て帰ろう。

自転車だ。最盛期は800人以上の従業員が働いていたという。現役の頃はどんな風景だったのか。今は、想像もつかない。

1945年8月。終戦と共に大湊工場も閉鎖される。この巨大煙突は時代の生き証人だ。

言わばお国のために、戦争のために作られた煙突と大湊工場。戦後60年を越えて、尚も深い森の中で息づいていた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

シンスポ 心霊スポット写真集・廃墟編

新品価格
¥1,980から
(2022/11/24 06:59時点)

ワンダーJAPON(3)~日本で唯一の「異空間」旅行マガジン!~

新品価格
¥1,320から
(2022/11/24 07:07時点)

空撮廃墟

新品価格
¥3,520から
(2022/11/24 07:07時点)

ポケットモンスター バイオレット -Switch

新品価格
¥5,320から
(2022/11/24 07:08時点)

コメント

コメントする

目次
閉じる