【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

高萩製紙工場

1956年に操業開始。日本の製紙業界の中堅を担っていたが、2002年に自己破産。工場跡は仮面ライダーなどの特撮、ドラマ撮影、PV(宇多田ヒカルも使用)として使われていたが、太陽光発電ソーラーが敷かれることになり更地になろうとしている。

広い敷地内に巨体煙突。東日本大震災で折れたという情報もあるが、定かではない。

レンガ造りは美しい。そして、この先見上げた光景が圧巻だった。

先が欠損していることにより、奇跡の光景が演出されている。

振り返った風景もまた、美しい。

奥にもう一本煙突がある。

名付けて「カリン塔」byドラゴンボール





この高さ。尋常ではない。

風が半端ない。

遠くに見えるのは製紙工場の本丸。

発電所らしきものも見える。

ポッキリ折れた煙突も間近だ。


本丸へ

行こう

外壁に「NK日本加工製紙」の文字が見える。

内部は遠くが霞んで見えるくらいの奥行き。

すぐそばの別館に立ち寄る。

丸穴は精製機器が固定されていた跡。

インドネシアの華人系財団に買収され、設備を搬出された後に廃墟となったのだ。



さぁ



内部に

超巨大な空間!

確かに特撮向きの場所だ。今にもライダーキックが飛んできそう。

電車の音が聞こえた。どうして今まで気付かなかったのか。日常はすぐそばにある。

可愛い落書き。描かれた経緯が気になる。

最後に煙突のてっぺんから見えた発電所に向かう。敷地は広大だ。

かたつむりみたい。近いうちに解体されると思って見ると寂しそう。高萩製紙工場は忘れない。ここまで興奮する物件はそうそう出会えるもんじゃない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる