【お知らせ】変わる廃墟展2022 展示作品の紹介は こちら!

吉祥苑

1980年頃に開業し2000年頃に閉業した旅館・結婚式場跡。一階にはレストラン、二階は大宴会場と結婚式場、地下には大浴場とバーカウンターという大型施設である。

実際は真っ暗。光を灯すと青い世界が浮かび上がった。

まるでレコードを張り付けたような壁。エレベーターは開きっぱなしだ。

若者達の溜まり場だろうか。サバゲーの跡もあり、ここは身近な廃墟なのだろう。


これを見に

やって来た!

螺旋階段の中央にある見事なシャンデリア☆

奥には庭園があるぞ。現役の頃は大人しくしていた竹が…

伸び放題~‼てっぺんで、ぐにゅっとなってる。

!!!

揺らめく蝋燭の煙。臨場感ありありのグラフィティー。

二階の大宴会場へ。

賑やかな宴は、遠い昔。

隣には和室。あの白いボードは何に使ったのだろう。

写真室。

そして、結婚式場「吉祥殿」

人生の門出を祝う華やかな場所は、しんと静まり返っている。一抹の寂しさは拭えない。

廃墟の顔は天候によって大きく変わるが、ここに限っては無縁である。常に闇に支配されているのだ。

吉祥苑もいつかは最期の時を迎える。この蝋燭が尽きるまで、この世のいとまごいは、もう少し続きそうである。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる